ブログとメルマガを中心としたコンサルメディアの活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルタントは『情報』を取り扱うビジネスです。だから、コンサルタントにとって情報発信ツールを持つことは必須であると言えます。

そんな情報発信ツールとしておすすめなのが、ブログとメルマガです。

コンサル大学では、ブログとメルマガを中心としたコンサルタントのための情報発信ツールのことを『コンサルメディア』と呼んでいます。

コンサルメディア』を上手く活用できれば、コンサルタントとしての成功に大きく近づくことになりでしょう。

この記事では、『コンサルメディア』とは何なのかを説明し、その活用方法も紹介していきます。

『コンサルメディア』の活用も含めた、Webマーケティングの全体像については、こちらの記事にも詳しくまとめています。
コンサルタントのためのWebマーケティングの全体像の理解

【注意】
ここで書かれているコンサルメディアの活用方法は、コンサルタントとして既に活動をしていて、これから年収1000万円の売れっ子コンサルタントを目指したい!という方向けに書いています。

これからコンサル起業したい!という方のブログ・メルマガの使い方は、『コンサル起業の仕方』のカテゴリーの記事をご覧ください。

1.コンサルメディアとは

まず、コンサルタントがコンサルメディアで情報発信をすることによるメリットをお話します。

1−1.専門家として権威性が高まる

コンサルメディアでは、専門家として情報発信をしていきます。

その情報が読んでくれた人の役に立つものならば、「なんていい情報を教えてくれるんだ!」とか「きっと優れた専門家に違いない!」と思ってもらえるようになります。

そう思ってもらえることが、お問合せやコンサル契約につながっていくのです。

コンサルメディアでは専門分野を絞って情報発信していくことが大切です。

例えば、心理カウンセラーのコンサルメディアだったら、

「子育てに悩む親のための・・・」とか
「パワハラに悩むサラリーマンのための・・・」

といったように対象を絞ったり、

「1分でできるセルフカウンセリング」とか
「アートセラピーのはじめ方」

といったように提供する内容を絞ったりすることで、その分野の専門家として認識してもらいやすくなります。

コンサルメディアのコンテンツが充実するとともに、専門家としての権威性も高まっていきます。

1−2.自分自身のノウハウが整理できる

コンサルメディアで情報発信をするために、自分自身のノウハウを文章や言葉でまとめる必要があります。

文章や言葉にしてまとめることで、自分の中でノウハウを整理することができますし、よりわかりやすく伝えられるようになります。
普段なんとなく話してしまっていることも、文章としてまとめることで自分の中で整理されていきます。

また、ブログやメルマガで情報発信することを決めると、普段から情報発信のためのネタを探すようになります。
まだ知識が不足していたら、情報発信のために本を呼んだり、講座に参加したり、勉強をする必要もでてくるかもしれません。

読者のために情報発信することが、結局は自分の知識やノウハウを増やすことにもつながります。

1−3.自然な形で顧客リストを獲得できる

ブログにメルマガ登録フォームを設けることで、そこから顧客リストを獲得することができます。

一般的には、無料オファー(無料プレゼント)でPDFファイルや動画などのコンテンツをお届けするのと引き換えに、メルマガ登録をしてもらいます。

この無料オファーは、ブログ記事を読んでもらった後に見せることになります。
つまり、

ブログ記事を読む
 ↓
この記事、役に立つなぁ。
もっと情報が欲しい!
 ↓
無料オファー:もっと役に立つ情報をプレゼント!
 ↓
メルマガ登録

となるので、認知⇒感情⇒行動の順番で、自然な形で顧客リストを獲得できるようになっています。

2.コンサルメディアに最適なメディアとは

コンサルタントが使えるメディアには様々なものがあります。

リアル・インターネットを含めたら数えきれないほどです。
ざっとあげるだけでも・・・

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・書籍・ホームページ・ブログ・メルマガ・Facebook・Twitter・YouTube・Ustream・LINE などなど・・・

この中から使えるものを選ぶわけですが、特におすすめなのは『ブログ』と『メルマガ』です。

この2つを軸にして、他に使えるものがあれば使っていくというスタンスが、コンサルタントにとっては最適といえます。

それではなぜ、なぜこの2つが最適と言えるのでしょうか?
その理由をお話していきます。

2−1.ブログが最適といえる理由

ブログは、基本的には自分の好きなように情報発信することができます。
このことだけでも、情報を取り扱うコンサルタントにとっては、最適な情報発信ツールであるといえます。

さらに、ブログをおすすめする最大の理由は、ブログの1記事1記事がGoogleのキーワード検索の検索対象となるということです。

例えば、「ラーメン店で独立開業する方法」といったブログ記事を書いたとしたら、「ラーメン店 独立開業」といったキーワード検索で見つけられる、ということです。

キーワード検索を意識したブログ記事を増やせば増やすほど、インターネット検索で見つけられる可能性が高まり、安定してアクセスを集めることができるようになっていきます。

インターネットの情報発信ツールは、今現在も様々なものが出てきたり、消えたりしています。
ですが、ブログは既にインフラに近い存在になっており、これから先もすぐに消えて無くなってしまうことはありません。

万が一、ブログという仕組みがなくなってしまったとしても、作ったコンテンツは他にも引用することができます。

あなたの情報を蓄積していくツールとしても、ブログはとても優れています。

2−2.メルマガが最適といえる理由

メルマガをおすすめする最大の理由は、プッシュ型、つまり、こちらから相手にお届けすることができるツールだからです。

ブログは基本的には相手から来てもらわなくては読んでもらえません。それに対してメルマガであれば、こちらからメールを送ることで相手に届けることができます。

こちらが意図した時間に送ることもできるので、計画的に情報を届けたり、セールスに使うこともできます。

また、ビジネスをしている人であれば、ほとんどの人がメールは使っています。
多くの人がメールをチェックすることを習慣にしているので、特別な用意をしてもらうことなくメルマガを受け取ってもらうことができます。

2−3 補足:SNSについて

SNSもコンサルメディアとしてぜひ活躍したいツールです。

SNSは数えきれないほど種類がありますが、その中でも特に活用したいのがFacebookです。

国内でも2,400万人以上が利用し、しかも実名で登録されています。ビジネスにおいてメインターゲットとなりやすい30代〜50代に利用者が多いのも特徴です。

Facebookなら、ビジネスでの活用に適したサービスも備わっています。

例えばFacebook広告は、年齢・性別・地域・職業・趣味など、対象の属性を絞ってピンポイントでアプローチすることができます。

コンサルメディアでSNSを活用するなら、Facebookは外せないものと考えておいてよいでしょう。

また、そのほかのSNSでも、自分のクライアントが利用しているSNSは積極的に活用していきたいです。

TwitterやLINEなどは、10代〜20代での利用者が多いので、若者向けのサービスである場合は、これらの活用も検討してみてください。

3.コンサルメディアのブログについて

コンサルメディアの核となるブログについて紹介していきます。ここでは主に、どんなブログを使ったらよいかに焦点を当ててお話していきます。

ブログは大きく分けると『ブログサービス』と『インストール型』の2種類があります。それぞれメリット・デメリットがあります。

3−1.ブログサービスについて

ブログサービスは、アメブロ・FC2・livedoorといったように様々な種類があります。

ブログサービスのメリット・デメリットは次のようになります。

image160302-01

ほとんどのブログサービスは無料ではじめることができます。
自分のブログに読者を集めるためのツールが用意されているので、初心者であっても比較的簡単に読者を集めていくことができます。

その反面、使える機能に制限があったり、運営会社の都合で突然削除されてしまう危険性があるなど、がっつりビジネスで使っていくのには向いていない面もあります。

ドメインが各ブログサービス運営会社のものになってしまうので、会社のブログとしては適していません。

ブログサービスの中でも特にオススメなのはアメーバが運営する『アメブロ』です。
国内で2000万人以上がユーザー登録しており、読者を増やす機能が充実しています。

3−2.インストール型について

インストール型は、自分で用意したサーバーに、CMSと呼ばれるシステムをインストールすることで使えるようになるブログのことです。

WordPress(ワードプレス)・MovableType(ムーバブルタイプ)など、こちらも様々な種類があります。

インストール型のメリット・デメリットは次のようになります。

image160302-02

使いはじめるまでに設定が大変だったり、制作にコストがかかりますが、制限なく自由にカスタマイズすることができます。

ドメインも自由に選べるので、自分の会社のドメインを使うことができます。

ブログサービスとは違い、読者を集めるのは全て自分でやらなくてはなりません。ブログにコンテンツが増えてこれば、読者を集めるのも簡単になっていきますが、最初のうちはちょっと大変です。

インストール型の中でおすすめなのは、『WordPress』です。

拡張性に優れており、コンサルメディアとして必要な機能はほとんど使えます。

重要なのはSEOに強くすることができることです。WordPressならSEO対策もシッカリできるので、コンサルメディアとしては最適です。

3−3.アメブロとWordPressの使いわけ

ブログサービスは『アメブロ』、インストール型は『WordPress』を使うことがオススメということでした。

これらは、あなたの状況に応じて使い分けることといいですね。

アメブロとWordPressを比較して、メリット・デメリットをまとめてみました。

image160302-03

この図の中で一番のポイントは、『集客資産』になるのか、ならないのか、というところです。

集客資産とは、持っているだけで勝手に読者が集まってくるブログのことを指しています。

ブログに記事を増やしていけば、ある程度記事が増えたところで安定してアクセスが集まるようになってきます。これはアメブロもWordPressも同じことです。

ですが、アメブロをはじめとしたブログサービスは、いつ削除されてしまうかわからない・独自ドメインではない、といったところから『集客資産』とはなりにくいとです。

だから、リスト獲得用のメインブログをWordPressで、新規読者獲得用のサブブログをアメブロで作るとよいでしょう。

image160302-04

新規読者の獲得に優れたアメブロで読者を集め、リスト獲得用のWordPressのブログに誘導するという流れを作ります。

これなら双方のメリットを活かし、デメリットを補いながら使うことができます。

どちらか一方のみを使うなら、WordPressのみでブログ運営していくことをおすすめします。

4.コンサルメディアのメルマガについて

続いてメルマガについてです。
ブログの時と同じように、どのようにしてメルマガを配信するのかに焦点を当ててお話していきます。

4−1.メルマガの配信について

基本的には、メルマガ配信スタンドを使ってメルマガを配信していくことになります。

顧客リストが少ない場合は手動でメルマガを配信することもできますが、できても数件までだと思います。
10件以上にメルマガを配信するのなら、手動で続けていくのはとてもムリです。

途中から切り替えるよりも、メルマガを出す!と決めた時から、ちゃんとメルマガ配信システムを使うようにしましょう。

ほとんどのメルマガ配信スタンドで、顧客リストの管理もできるので便利です。

4−2.メルマガ配信スタンドの選び方

メルマガ配信スタンドは、有料のものを使うことが大前提となります。

無料のメルマガ配信スタンドには、広告が表示されてしまう・顧客リストがこちらで管理できないなど、デメリットの方が多く、コンサルメディアには向きません。

さらに有料のものであっても、月額利用料が安いものの利用は避けたほうがよいです。

その理由は、迷惑メール判定をされやすくなってしまうから。

メルマガ配信スタンドの同じサーバーを利用している人の中に、迷惑メール業者が混じっていると、そのサーバーから発信される全てのメールが迷惑メール判定されやすくなってしまいます。

月額利用料が安ければ安いほど、迷惑メール業者が使っている可能性が高くなります。

ですので、多少高くても高機能で、迷惑メール判定されにくいメルマガ配信スタンドを選ぶようにしてください。

5.コンサルメディアの使い方

ここでは、コンサルメディアの使い方の概要をお話していきます。

5−1.ブログの使い方【リスト獲得用メインブログ】

WordPressで作成したリスト獲得用メインブログの使い方を紹介します。

リスト獲得用メインブログの目的は、顧客リストを獲得することです。

具体的には、メルマガ登録を促すことで、「メールアドレス」という顧客リストを獲得します。

その流れは、

インターネット検索でブログ記事が見つけられる
 ↓
ブログ記事を読んでもらう
 ↓
ブログ記事に共感してもらう
 ↓
無料オファーを見てもらう
 ↓
メルマガ登録してもらう

となっています。

だから、ブログに書く記事は、『キーワード検索を意識したもの』『読んでくれた人の役に立つもの』である必要があります。

最初に読んでもらえた1記事だけで共感を得てもらえるように、できるだけブログ記事は作りこんだものであることが望ましいです。

注意点としては、ブログでは一切セールスは行わないようにすることです。

この理由は、どんな人がブログを読んでくれているのか?を考えればわかります。

ブログ記事を読む人の多くは、インターネット検索からブログ記事を見つけた人です。つまり、まだあなたのことをよく知らない状態で、ブログ記事を読んでくれているわけです。

そんな状態で何かセールスをしても、成約率は上がりません。

「ああ、セールスのためのブログか。」という風に思われてしまったら、その時点でブログから去っていってしまうでしょう。

だから、最初は「メールアドレス」を登録してもらうことに集中するようにします。

5−2.ブログの使い方【新規読者獲得用サブブログ】

アメブロで作った新規読者獲得用ブログの使い方を紹介します。

アメブロ内で新規読者を獲得していくことを目的とします。

アメブロには、「読者登録」「アメンバー申請」「いいね!」といった新規読者を獲得するためのツールが用意されています。これらを上手く利用することで、効率的に新規読者を獲得していくことができます。

アメブロに書く記事も、キーワード検索を意識することが望ましいですが、WordPressのリスト獲得用ブログと併用する場合は、そこまでキーワードを意識して書く必要はありません。

読者から共感を得ることを考えて、日記的な記事や、プライベートな情報をチラ見せすることも効果的です。

新規読者獲得用サブブログには、WordPressのリスト獲得用メインブログに誘導するリンクも設置しておきましょう。

5−3.メルマガの使い方

メルマガの目的は、大きく分けると2つあります。
1つは読者との関係性の構築・維持、もう1つはセールスです。

ブログとの大きな違いは即時性です。メルマガは、“いま”お届けすることができます。
いま、あなたが何を考えているのか、どんなことをしているのかを伝えられるわけです。

だから、コンサルタントのメルマガは、できれば毎日お届けしてしましょう。

あなたから届くメルマガが楽しみで仕方がない!という状態を作ることができれば、その後のサービスやコンサルティング契約にかんたんにつなげていけるようになります。

メルマガに書く内容は、読む人の役に立つ情報が含まれている必要があります。

「この人、毎日役に立つこと教えてくれるな。直接あってみたいな。」

と思ってもらえたら成功です。

メルマガの文章は、ブログと比べたら比較的ライトな読みやすい方がよいです。
1〜2分くらいで読めてしまうものをコツコツとお届けしていく。そんなイメージです。

毎日のメルマガで関係性を構築・維持し、必要に応じてセールスの情報もお届けしていく。
そんな使い方が理想的です。

5−4.ブログとメルマガの使い分け方

ブログとメルマガの使い分け方の比較を表にするとこんな感じです。

image160302-05

この表を参考にして、コンテンツの内容を書き分けてください。

表中のブログの「週1〜2、ただし・・・」の部分ですが、これはブログ記事が増えてこれば、週1から2も投稿しなくてもアクセスが集まってきますよ!ということを意味しています。

ある程度ブログ記事を書き溜めれば、コンサルメディアの主軸はメルマガにしてもよいでしょう。

6.コンサルメディアの活用方法 まとめ

ブログとメルマガを活用したコンサルメディアについてお話してきました。
ちょっと長かったですが、なんとなくは理解していただけましたでしょうか?

冒頭にもお話しましたが、年収1000万円を超えるような売れっ子コンサルタントになるためには、自分だけのコンサルメディアを持つことが必須です。

これから売れっ子コンサルタントを目指したい!という方は、ぜひいますぐコンサルメディアをはじめてください。

具体的なコンサルメディアの使い方は、コンサル大学の他の記事でも紹介しています。
そちらもぜひご覧になってくださいね。

なお、コンサル大学はコンサルメディアの“よいお手本”になるように作っています。
コンサル大学がどんなことをやっているのか、よく研究していただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなことで悩んでいませんか?

5okite-img

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*