コンサルタントにとってのマーケティングの意味とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルタントにとってのマーケティングの意味とは

コンサルタントにとっての『マーケティング』とは、どんな意味があるのでしょうか。

ビジネスを行う上で、マーケティングとは最も重要な活動になります。もちろん、コンサルタントにとっても、マーケティングは必修科目であると言えます。

マーケティングができない=コンサルタントのビジネスが成り立たない

このように断言しても過言ではありません。

では、なぜそれほどマーケティングがコンサルタントにとって重要なのでしょうか?

コンサルタントにとってのマーケティングの定義

まずマーケティングの定義を理解しておきましょう。

マーケティングのことをわかりやすく表しているのが、経営の神様とも言われるドラッカーのこの1文です。

マーケティングの狙いは・・・

「顧客というモノをよく知って理解し、製品が顧客にピッタリと合って、ひとりでに売れてしまうようにすること」(P.F.ドラッカー著 マネジメントより引用)

突きつめると、セールスをしなくても勝手にに商品が売れるようにすることがマーケティングの究極の意味になります。

様々なリサーチや、商品・サービスのプロモーション、顧客との関係性構築などの活動を通じて、クライアントから「これ売ってください!」と言ってもらえるようになることを目指すわけです。

とはいえ実際は、セールスをしないで商品やサービスが売れることは、ほとんどありません。特にコンサルタントであれば、よほど著名なコンサルタントにでもならないかぎりセールスは必要です。

つまり、コンサルタントにとってのマーケティングは、セールスを極力少なくするための活動と定義できます。

セールスを少なくする重大な意味

一般的に、商品を売り込むセールスパーソン、はお客さんから下に見られる傾向にあります。(その是非はここでは置いておきます)

「買ってあげるからサービスしてよ」「買ってあげるから安くしてよ」こんなふうにお客さんから言われるのは日常茶飯事。

セールスパーソンの方から「買ってください、お願いします。」とやってしまうことも少なくないでしょう。

しかし、コンサルタントがこのようなお願いセールスをやってしまうと仕事になりません。なぜなら、コンサルタントはクライアントから先生として見てもらえることが必須だからです。

お願いするセールスをした途端に下に見られることになります。最初からそんなふうでは、もう先生とは見てもらえなくなってしまうでしょう。

だから、コンサルタントとしての『ステータス』を下げないようにするために、セールスは最小限にしないといけないのです。

コンサルタントがステータスを大切にする意味

コンサルタントはクライアントにアドバイスをして、それを行動させ、成果に結びつけるのが仕事です。

だから、『ステータス』がとても大切。ステータスを保てず、相手から下に見られている状態で「これをやってください」といっても、煙たがられなかなか行動してくれません。

ステータスが高いからこそクライアントはあなたを信頼して行動に移すことができる。行動ができるから、成果があがります。

だから、クライアントの方から「お願いしますm(__)m」と言ってもらえるような状態を作らなくてはなりません。

ですからコンサルタントにとって、マーケティングはステータスを保つ上でとても重要な意味があるのです。

セールスをしないでもクライアントが集まってくるようになれば、ステータスを維持したままでいられます。すなわち、コンサルタントにとってマーケティングとは、単に売る以上の意味があるのです。

どんなマーケティングに取り組むべきか

それでは、コンサルタントがどんなマーケティングに取り組むべきなのかというと、それは・・・

情報発信を主体としたマーケティング

となります。

例えば、

・ブログやメルマガで専門情報を発信する
・専門分野に関連した書籍を発行する
・雑誌や新聞に専門家として連載する
・テレビやラジオなどに出演する

といったものです。

このような情報発信を主体としたマーケティングであれば、専門家としてのステータスを高めつつも、クライアントを集めることができます。

特にこの中でも、コンサルタントのメディアとして、ブログやメルマガで情報発信していくことはとても大切です。と言うより、これがなければコンサルタントとしてマーケティング活動はできないでしょう。

ブログとメルマガなら、こちらから情報発信するだけでなく、クライアントとの関係性構築にも使えます。そこからクライアントを獲得することもできます。ブログを中心として、様々な他のメディアと連動させることもできます。

コンサルタント初心者であってもブログとメルマガならすぐにでもはじめられます。もしまだブログもメルマガもやっていないようなら、今すぐに取り組み始められることをおすすめします。

コンサルタントにとってマーケティングの意味とは まとめ

コンサルタントにとってマーケティングの意味とは、単にクライアントを獲得するためのものではありません。

その他に、

・ステータスを高く保つため
・クライアントに成果をださせるため
・専門家としての情報を発信するため

といった重要な意味があります。

マーケティングはセールスを極力減らすために行います。コンサルタントはステータスを下げないようにするためにも、マーケティングに力を入れることは大切です。

マーケティングというと「あさましい」とか「そんなのやる必要ない」と言うコンサルタントは少なくありません。しかし、それは明らかに間違っています。

コンサルタントはマーケティングの意味をしっかりと理解して、取り組んでいくべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなことで悩んでいませんか?

5okite-img

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*