コンサル起業で成功するための4つの条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサル起業は比較的成功しやすい起業の方法です。
ですが、ビジネスですから100%成功するということはありません。

しかし、その成功率を限りなく100%に近づけることができます。

その方法は、多くの人が失敗するパターンを踏襲しないこと、つまり、コンサル起業で成功するための条件を予め知っておくようにすることです。

今から、コンサル起業で成功するための条件を4つお伝えします。ぜひ、あなたがコンサル起業するときには、この条件をチェックしてください。

成功するコンサル起業の条件1
初期費用が安くすむこと

はじめにかかる費用をいかに小さくするのか。これは必須条件です。

初期費用が大きいほどそれを回収するのが大変です。
これを小さくすることができれば、当然、成功率があがります。

また失敗した場合、早く立ち直れます。
「失敗することなんて考えるな」というような精神論が好きな人も多いですが、失敗したときのダメージを小さくしておくことは必須です。

起業がきっかけで人生どん底に陥らないようにするだけでなく、再起しやすい状態にしておくことで、二度、三度と起業にチャレンジできます。

結果、成功率もあがります。

成功するコンサル起業の条件2
粗利が大きいこと

粗利とは、売上から仕入れ金額を引いた金額のこと。
この粗利から家賃、光熱費、給料を支払うわけです。

粗利100円の商品と粗利100,000円の商品。
1000倍の差がありますが、売る手間、能力は100倍かかるでしょうか?

・・・かかりませんよね。

手元に利益を残すために、できる限り粗利の大きい商品を選ぶことは必須です。

成功するコンサル起業の条件3
固定費が小さい事

ビジネスをする上で、確実にかかる費用を固定費と言います。
家賃、光熱費なんかはそうですね。

これが大きければ、その分を稼ぐためだけに 相当の利益をあげる必要があります。

高い家賃のオフィスを構えて自分を追いつめた、なんていう武勇伝を語る起業家もいますが、それは結果的にうまくいったからこそ言えること。

実際、普通であれば利益が出ていたのに家賃が高過ぎたために赤字、なんていう会社を私はいくつも見てきました。

成功するコンサル起業の条件4
リピート性があること

マーケティングの大家フィリップ・コトラーによると 新しいお客に商品・サービスを購入してもらうのに必要な金額は 一度、商品・サービスを購入してくれた人に 2度目の購入をしてもらうのにかかる金額の5〜10倍かかります。

そんなことを言われなくても、リピート客がたくさん来るビジネスの方が儲かる、というのは感覚的にも理解できると思います。

商品・サービスでもリピートしやすいもの、しずらいもの というのがあります。

例えば、家の販売なんかは通常、リピートはなく一度です。(それでも成り立つのは金額が高く利益が取れるからです。) しかし、美容室なんかはリピートされやすいことがわかります。

リピートしてもらうような施策を打つことも重要ですが、ビジネスの選択段階でリピート性があるものを選べば、非常に楽になることがわかると思います。

コンサル起業で成功するための4つの条件
まとめ

コンサル起業で成功するための4つの条件をまとめると

成功するコンサル起業の条件1 初期費用が安く済むこと
成功するコンサル起業の条件2 粗利が大きいこと
成功するコンサル起業の条件3 固定費が小さい事
成功するコンサル起業の条件4 リピート性があること

この4つの条件は、実はほとんどのコンサル起業で簡単に満たすことができます。

コンサル起業に初期費用はほとんどかかりません。
事務所は自宅で大丈夫ですし、必要な機材もありません。(打ち合わせは近所のカフェやホテルのロビーでやればいいです)

私自身、開業にかかったお金は机と椅子とFAX付きのコピー機の8万円。パソコンはもともと自宅に合ったものを使いました。

粗利は100%を目指せます。
自分の身ひとつなわけですから、いただいた報酬は全て粗利です。

固定費もかかりません。
自宅でやれば家賃もありませんから、かかるのは電話代くらいです。

リピート率は概して高いです。
一度、悩みを解決してあげれば、「この悩みが発生したら、この人」となります。

また、コンサルティングの種類によっては、ずっと悩みが発生し続けるというものもあります。

例えば、私のようなマーケティングコンサルタントは、会社をやる限りずっと集客は必要ですよね。なので、お付き合いする期間も必然的に長くなります。
実際、私も開業してからずっとお付き合いしているクライアントもたくさんいます。

どれも難しいことではありませんので、コンサル起業をするときには、この4つの条件を全て満たすようにしましょう。

そうすれば、コンサル起業の成功率を限りなく100%に近づけられるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなことで悩んでいませんか?

5okite-img

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*