コンサルティングのスキルを高める3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルティングビジネスをしているのであれば、あなたの専門分野の知識、智恵、ノウハウ、技術などを売りにしていることと思います。

クライアントは最初は自分の問題を解決するために、あなたの専門知識をアテにしてやってきます。(長期間お付き合いするには、別のスキルも必要になりますが、それはまた別でお話します。)

そして、専門知識が洗練されればされるほど、問題解決が正確になり、クライアントに成果を出させることができます。

目次:コンサルティングのスキルを高める3つの方法
専門知識量の伸び率は停滞する・・・
専門知識を高める3つの方法
その1.反対意見のものを勉強する
その2.古典を読む
その3.インプットをやめる

専門知識量の伸び率は停滞する・・・

そんなワケで、コンサルタントは専門知識を深めていくための勉強を欠かすことはできません。

最初は、もちろん知らないことばかりですから、学べば学ぶほど、あなたの専門知識の量は伸びていきます。ところが、ある一定のラインを超えると、その知識量の伸び率が停滞してきます。

新しい本やセミナーで勉強しても、知っていることばかり。という経験をあなたもしたことがあるかもしれません。

では、そうした停滞に直面したとき、どうすればさらに専門知識を高めることができるのか?

それには、3つの方法があります。

専門知識を高める3つの方法
その1:反対意見のものを勉強する

あなたはその分野の専門家ですから、そのビジネスで何かしらの「自分の意見・主張」を持っていると思います。一方、同じ分野のビジネスをしつつも、あなたの意見とは真逆だったり、それは違うと主張する方もたくさんいると思います。

そういった人の主張も一度取り入れて勉強してみてください。

そうすることで、あなたと、対峙する相手との「相違点」が明確になります。それによって、あなたの専門知識の理解が深まることもあります。

また、「一見違うこと」を言っているように見えても、実は「本質部分は同じ」ということも多々あります。

すると、あなたに何が身につくのかといえば、「本質を知る力」です。
例えば、1人の先生をつけて学んでいる場合は、その先生と仲の良くない人、違う学派、違う主張を持つ人の書籍やセミナーで勉強してみるのがオススメです。なぜなら、先生1人にしか学ばないということは、先生のコピーであり続ける、ことにしかなりません。

しかし、他の意義・主張も学ぶことによって、あなた独自の専門知識に磨きがかかります。

ぜひ、異分野のモノも積極的に取り入れ、あなたの専門知識を深くしてください。

専門知識を高める3つの方法
その2:古典を読む

あなたの専門分野にも、
・その分野に属しているなら全員読んでおかなければいけない
・偉い先生、大御所がみんなオススメをしている

そういった本を古典と言います。

これらをしっかりと読んでください。

多いのは、先生の教材や、最近流行っている本などは読んでいるけども、古典にはまったく手をつけていない、というパターンです。

マーケティングコンサルタントを例に出すと、
・ダン・ケネディ
・ジェイ・エイブラハム
・その他のマーケティング本
を読んで、その知識を話しているに留まっている人たちがとても多いです。

ですが、ダイレクトマーケティングの歴史をさらにさらに辿っていくと、1920年代くらいまでさかのぼれるワケです。

では、こういった古典を読むと何が得られるか?

それは、あなたの分野の「本質とは何か?」を学ぶことができる、ということです。
本質を学べれば、あなたのこれまでの知識や経験にさらに枝葉を加えることができ、あなたならではの専門知識となっていきます。

古典には、
・分厚い
・読みづらい
ものが多いですが、時間をかけてでも読む価値はあります。
ですから、あなたの分野の古典をぜひ見つけてください。

「古典の見つけ方がわからない」という場合は、以下のステップをオススメします。

ステップ1. あなたの分野の本を読み、引用や参考文献に目を通す
この数をこなすことで、共通した書籍などを見つけることができます。

ステップ2. その参考文献を読み、また参考文献を探す
そして、見つけた参考文献の書籍を読むと、さらにその本ができた源流を探すことができます。

ステップ3. それを繰り返す
この本を読む⇒参考文献を探し、それを読む → そのまた参考文献を探し、読む、という行動を繰り返していくうちに、数珠つなぎで古典を発掘することができますので、試してみてください。

専門知識を高める3つの方法
その3.インプットをやめる

これは、前の2つとは正反対の考え方です。ですが、とても強力です。
そして、インプットをやめた時間をひたすらクライアントと接する時間にあててみてください。

すると、インプットは止まっているワケですから、過去にあなたが学んできたものをアウトプットせざるを得なくなります。その結果、何が起こるかというと、「アウトプットの質が高まります」

本来は、このアウトプットの質こそがクライアントに見える専門知識ですから、「こう伝えればもっと伝わるんだ!」 「この順番で伝えれば、もっと成果が出るんだ!」というあなたなりの方法、知識、ノウハウが磨き上げられていきます。

これはインプットをやめ、アウトプットの質を高めた賜物です。

ですから、先の2つのインプットももちろん重要です。が、あえて半年~一年くらいはインプットをやめてみる。

繰り返しますが、これは非常に強力な方法なので、ぜひやってみてください。

ぜひ、専門知識を高める3つの方法を実践し、あなたならではの専門知識を深めていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなことで悩んでいませんか?

5okite-img

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*