ブログが書けないコンサル初心者の3つの悩みに対するアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサル大学では、コンサル初心者であってもブログを書いて、どんどん情報発信していくことを推奨しています。

ブログからの情報発信は集客にもなり、自身のブランディングにもなります。
だから、講座や教材で必須項目としてブログでの情報発信を教えています。

ですが、「ブログを書きましょう!」と言うと、次のような悩みが出てきます。

「コンサル初心者だから書けない・・・」
「ブログネタがすぐに尽きてしまう・・・」
「文章が苦手で上手く書けない・・・」

これらは、ブログを書き始めたばかりであれば、誰もが悩むことです。
今、先輩コンサルタントでガンガン情報発信をしている人たちだって、最初のころはこんなことに悩んでいました。

では、こんな悩みに対してどうやって乗り越えていったらいいのか?

この記事では、これらのよくある3つのお悩みに対してアドバイスをお伝えします。

ブログが書けないお悩み1
コンサル初心者だから書けることがない

コンサルタントとして起業したばかり。
知識も経験もあまりないのにブログ記事なんて書けない・・・。
というお悩みです。

これに対するアドバイスは、

人よりもちょっとだけ詳しければOK

ということ。

そもそもコンサルタントは、知識差が商品になるビジネスです。
人が知らないことをあなたが知っているのであれば、それを教えることでコンサルティングができます。

だから、ある専門分野についてちょっとだけでも他の人より詳しければ、それをブログ記事にすることができます。

もし現状で大した知識がなかったとしても問題ありません。
その場合は、今の知識レベルに合った読者(クライアント)が集まってくれます。

そして、知識が増える=いい記事が書けるようになるに従って、それに見合ったレベルの読者が集まるようになっていきます。

だから、初心者だから・・・と気にする必要はありません。今の自分が書けることを書いていけばよいのです。

具体的には・・・

学んだことをまとめた記事を書くこと

コンサルタントとして起業しているのならば、起業する前に専門分野について学んだことがあるはずです。
まずは、学んだことをまとめた記事を書いてみましょう。

講座や教材などで学んだことを自分なりに整理してまとめるだけで、立派なブログ記事になります。

しかし、ただまとめただけではちょっと物足りないです。それに加えて・・・

専門家としての意見を書くこと

専門家としてあなたの意見を加えるようにしましょう。

教科書に載っていることだって、一言あなたの意見を加える事でオリジナルの記事になります。

できるだけ、あなたならではの視点で、ユニークな意見を付け加えるようにしましょう。
あなた自身が実践してみた感想や、クライアントの事例などを書くことができれば、他の人に書けない記事にすることができます。

そして大切なのが・・・

随時、記事を更新していくこと

一度公開した記事であっても、何度も書きなおしても問題はありません。

実際に、コンサル初心者であれば、最初のころは大した記事も書けません。
でも、経験を積んでいけば徐々にレベルアップして、いい内容の記事も書けるようになっていきます。

それに、あなたの成長に合わせて書ける内容や意見も変わってきます。
定期的に記事を見なおして、現在の内容と合っているかチェックして更新していくようにしましょう。

半年も書き続けていれば、昔の記事が恥ずかしくてしょうがない、というくらいまで成長できますよ。

ブログが書けないお悩み2
ブログネタがすぐに尽きてしまう

ブログにできるネタがあまりないから書けません・・・というお悩みです。

これについては、ちょっと厳しいアドバイスになるかもしれませんが、

ネタがないのは専門家としての勉強不足

と言えます。

どんな専門分野でもネタを出していけば、100記事くらいは書くことができます。

もし本当に、すべてのネタを書いても10とか20記事くらいしか書けないのであれば、それはコンサルタントの専門分野として間違っています。

だから、ネタがないのであれば、もっと専門分野を勉強しましょう!ということになります。

ブログネタのために勉強する!と考えたら一石二鳥ですし、建設的でいいですよね。

そして、勉強する時に覚えておきたいのが・・・

アウトプット前提でインプットすること

人に教えることが一番勉強になる、というのは、コンサルタントであれば体感したことがあるはずです。

人に教えるためには一度自分の頭のなかで整理する必要がでてくるため、単に勉強しただけと比べると、遥かに知識として残りやすくなります。

特にブログ記事としてまとめるには、かなり内容を整理しなければなりません。
学んだことをすぐブログ記事にすれば、知識として定着しやすくなるでしょう。

だから勉強するときは、ブログ記事にするというアウトプットを前提としてインプットしていくことをおすすめします。

それともう一つ。
簡単にブログネタを見つける方法を紹介しておきます。

それが・・・

ライバルの記事を“上手くマネする”こと

ネタがどうしても見つからない場合は、同業者のブログを見つけて“上手くマネする”ようにしてみてください。

ただし、注意しておきたいのは、そのままコピー&ペーストは絶対ダメです。

これは2つの意味でアウトです。

1つは著作権。もう1つは重複コンテンツによるペナルティです。

書籍などと同じようにブログ記事にも著作権があります。だから、そのままパクるのはNG。

重複コンテンツというのは、インターネット上に同じコンテンツがあると、後からアップロードされたほうがペナルティを受けるというもの。
具体的には、ネット検索で見つけられなくなります。

だから、そのままマネするのは絶対ダメということは覚えておいてください。

おすすめのマネの仕方は、

ライバルの記事を読み、いったん自分の中で整理してから自分の言葉で書く

というものです。

ネタを参考にする程度にして、文章は自分の言葉で書いていきます。
それに、自分の意見も付け加えるようにすれば、オリジナルの記事になります。

ライバルの記事は山ほど見つかると思いますので、この方法ができればネタがないということはなくなります。

この時、ライバルの記事を超えたものを書く!ということにも挑戦してください。
それができれば、SEOで上位表示させることも期待できます。

ブログが書けないお悩み3
文章が苦手で上手く書けない

これまで文章なんて書いたことがないから上手く書けない・・・というお悩みです。

これについては、

最初は誰もが上手く書けないことを知る

ということが大切です。

当たり前のことですが、最初から上手くできることなんてありません。

勉強でもスポーツでも、練習を重ねることで徐々に上達していきますよね。
それと同じことで、文章を上手く書けるようになるためには、練習していくことが必要です。

その時に知っておきたいのが・・・

練習のつもりで投稿すること

ブログを書き始めたばかりのころはアクセスはほとんど集まりません。

このアクセスがなくて誰も読んでいないうちがチャンスです。この時に、練習だと思ってどんどん記事を投稿していきましょう!

誰も読んでいないなら、文章がヘタでも、内容が薄っぺらでも問題ないですよね。
もしどうしても気に入らなかったら、あとから修正したり、削除することもできます。

「練習なら投稿しなくてもいいのでは?」

と思われる方もいますが、これは違います。

アクセスが集まっていなかったとしても、実際に投稿すると「誰かに読まれるかもしれない。」という意識につながります。

この意識があるのとないのとでは、上達のスピードが全然違います。
ヘタだから恥ずかしいな、という気持ちがあるときこそ、思い切って投稿してみるようにしてください。

そして、早く文章が上達したいなら・・・

上手い人の文章を“上手くマネする”こと

自分の頭で上手い文章を考えるのはかなり難しいです。
それよりも、上手い文章をマネして書いたほうが上達するのは早いです。

この時に注意したいのは、さっきお伝えしたマネの仕方と同じです。

そっくりそのままマネするのはNG!

文章の構成や、言い回しをマネするのはOKですが、そのままコピー&ペーストはダメです。

上手なやり方としては、まったく違う業種で文章の上手い人をマネすることです。

競合しなければ文章の書き方をマネしたところで問題になることはほとんどありませんし、そもそも見つかることもないでしょう。

自分の専門分野から遠いところで文章が上手な人を見つけたら、上手いことマネさせてもらいましょう。

ブログ記事をたくさん書いていくためにやりたいのは・・

ブログ記事のパターンを作ること

自分なりのブログ記事のパターンを作っておくと、書くことが楽になります。

ブログ記事の書き方にはいろいろなパターンがあります。

例えばコンサル大学のブログ記事なら、

冒頭(リード文)⇒ 目次 ⇒ 問題提起 ⇒ 解決策の提示1〜5 ⇒ まとめ

という構成で書くようにしています。
このブログ記事もそのパターンになっていますね。

このような基本のパターンができあがると、あとはそれに当てはめて考えていけばいいだけになります。

自分なりに書きやすいパターンがあるはずですので、どんなパターンが書きやすいのかも探してみてください。

先ほどのコンサル大学のパターンは、基本的なパターンなので、ぜひマネしてみてくださいね。

ブログが書けないコンサル初心者の3つの悩みに対するアドバイス まとめ
書き続けることが書けるようになるコツ

さて、ブログ記事が書けないことに対するアドバイスをしてきましたが、ブログ記事が書けない原因を一つ上げるとしたら、それは、

ブログ記事を書いていないから

です。

書いていないから書けないのです、というのは当たり前のことなのですが、結局これに付きます。

他の何事とも同じで、練習しなければ書けるようにはなりません。

ブログは書き続けることで、徐々に上達していくものです。

コンサルタントのブログであっても、上手く書かないといけないなんてことはありません。
今の自分にできる精一杯の情報発信からはじめてください。

まずはたくさん書いてみること。

最初は集客につながらなくても、ブランディングにもならなくても、これがスタートになります。

ブログを書き始められないことに対するアドバイスは、この記事の中でさせていただきました。
参考にしていただいて、ヘタでも何でも、ブログ記事を書き始めていただければと思います。

自分の成長のためにブログを書いていくようにしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなことで悩んでいませんか?

5okite-img

詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*